So-net無料ブログ作成

ALPS(アルプス)が運転開始。汚染水を海に放出 [ALPS・アルプス]



福島第1原発にて、放射線以外での悩みの種・・・

それは、


冷却用に使った後に残った「汚染水」と

地下水の上昇などにより、ふえ続けている「汚染水」です。


もう汚染水を貯蔵するタンクの製造が追い着かなくなっていたり

そのタンクの置き場所がキャパオーバーになりつつあったりと

深刻な問題となっています。



しかし、先日、この汚染水を処理し海へ排出するまでに無毒化できる

高性能処理能力を持つALPS(アルプス)がようやく稼動しました。


btbbresgewaa.PNG
Zeo7(ゼオセブン)


残念ながら「トリチウム」だけは排除できませんが

それでもそれ以外の「ストロンチウム」 や 「プルトニウム」など

全部で62種類の放射性物質を除去し基準値以下にまで処理できるのです。



約4カ月間は1機のみを試運転し、性能を確認した後には

残りの2機を本格稼働させる方針だという。



早く3機とも稼動ができる様になってほしいですね。



夏前の梅雨の時期には地下水の上昇もあるでしょうし

これまで以上に「汚染水」の量も増えると思います。


それまでにはなんとか間に合って欲しいものです。


ただただ、試運転がうまく行く様に祈るのみですね。


ちなみに、現在の汚染水の保管総量は27万トンだそうです。

家族の健康を真剣に考えている方









nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。