So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

内部被爆で脳卒中患者が5倍に!・岩手県 [内部被爆と脳卒中]




震災後の脳卒中患者の急増に不安の声が上がっています



4月1日付けの朝日新聞が報じた報道によりますと

岩手医科大学の行った脳卒中患者の統計調査において

震災後の方が、月間の脳卒中患者数が急増していると言います


震災の直後、2011年4月~2012年3月までの1年間では

同地域の脳卒中患者は11人と月平均0.9人という数値でした。


ところが


その後の2012年~2013年1月までを見ると患者数は52人

なんと月平均は5.2人にも跳ね上がったのです!


その数、なんと『5倍』!!


これは異常な数値です。

hysrfvfsre.PNG


「震災直後より現在の方が被災者の健康状態は悪化している」



そんな現状を裏付けるデータが、今回の岩手医科大学の調査により

浮き彫りにされたと言って良いでしょう。


月間で5倍以上にも増えてしまった脳卒中患者・・・。


日本脳卒中学会では、この結果を受け行動を起こしています

被災者の健康環境を改善するよう求める声明を国に対して発表したのです


しかし、今現在では国からの回答は得られていないようです


「BMJ Open」は権威ある英国の医学誌です。

その医学誌に掲載された論文で

「広島・長崎の原爆被爆者の致死的・非致死的脳卒中と 放射線被曝の関連についての前向き追跡研究」
という論文が掲載されてありますが

その内容によると、

「広島・長崎の被被爆者では被爆線量と脳卒中リスクに関係性がある」

という内容の論文でした。


被爆線量が高いほど出血性脳卒中のリスクが高まる傾向があるというのは

どうやら紛れも無い事実のようです・・・。


信頼性のある医学誌でも掲載されるほどですからね


ちなみに、詳しく読み解くと

男性では2.0グレイを超えた場合=2.5倍

女性では2.2グレイを超えた場合=3.5倍にも達するそうです


この数値の調査は1980年~2003年にかけて被爆者の方を

9515人に協力して頂き調査したもので、信憑性はかなり高い数値です。



日本国民は知らないうちに「被爆」させられている可能性もあります

自分の身を守るためにも、極力、汚染された食物・水は摂取せずに

体に蓄積された「汚染物質」を排出することに努める事が

なによりも大切な事だと改めて感じました。







nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。